Home

情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)インターカレッジ・コンピュータ音楽ワーキング・グループ(ICWG) 会則

第一条
  • 本会は、情報処理学会音楽情報科学研究会のワーキング・グループとして、コンピュータ音楽を研究/創作する大学、及び諸研究教育組織間の情報交換、交流を目的とする。

第二条
  • 本会は、音楽情報科学研究会がインターカレッジ・コンピュータ音楽コンサート実行委員会(以下、IC実行委員会)と共催するインターカレッジ・コンピュータ音楽コンサート(以下、ICコンサート)を、IC実行委員会への指導と協力によって支援する。

第三条
  • 本会には大学単位で参加するものとし、各大学の教員(ICWG担当教員)が代表として、それぞれの組織を統轄する。

第四条
  • 本会は運営委員として、代表1名、副代表2名(うち1名は会計担当)を置く。任期は2年とし、総会で協議して決定する。再任を妨げない。

第五条
  • 参加大学の代表は、別に定める所定の金額をICコンサート参加費としてIC実行委員会に納めなければならない。また、一旦入金されたICコンサート参加費は、これを返却しない。

第六条
  • 参加大学の代表は、情報処理学会・音楽情報科学研究会の登録会員でなければならない。

第七条
  • 入会希望大学は、既に参加している大学の代表2名以上の推薦により申し込み、総会での承認を受けなければならない。総会での承認後、ICコンサート参加費を納めることによって、会員資格を得るものとする。

第八条
  • 退会は、総会の承認を得て年度末に認められるものとする。

第九条
  • 参加大学は、ICコンサートに参加することが出来る。

第十条
  • ICコンサート参加費を滞納した場合、その年度のICコンサートへの参加は出来ない。また、2年続けて滞納した場合、その他相当の理由があるときは、総会の議決を経て、除名することが出来る。

第十一条
  • 総会は、ICコンサートが開催される際に行い,出席者の過半数を持って決議されるものとする。総会以外での発議、および議決は、随時E-mail で行うこととし、全ての会員が発議権を有する。また、議決は、Web上に投票ボードを設け、賛成、反対、棄権が明らかになるように行う。概ね過半数の賛成によって成立するが、重要な事項はこの限りでない。

第十二条
  • ICコンサートの開催は、各大学の持ち回りとし、各大学の代表は協力して必ずこれを開催するように努める。

第十三条
  • 本会が、情報処理学会音楽情報科学研究会のワーキング・グループであることに鑑み、同研究会の発展に積極的に寄与するよう努める。

第十四条
  • 本会則の改定は、会員の発議により、総会の討議/議決によって随時行うものとする。

付則
(2011年4月改訂)

1)本会則は2008年4月1日より施行する。
2)2011年度から2012年度のICWG運営委員を下記の通りとする。
代表:三輪眞弘(岐阜県立情報芸術大学院大学)
副代表:小坂直敏(東京電機大学)
副代表・今井慎太郎(国立音楽大学)
3)ICWGの本部を下記に置く。
情報処理学会音楽情報科学研究会 インターカレッジ・ワーキンググループ
代表:三輪眞弘
〒503-0014 岐阜県大垣市領家町3-95
岐阜県立情報芸術大学院大学三輪眞弘研究室

4)ICコンサート参加費を2011年度より15,000円とする。
5)2008年度以降の開催校を、次のように決定する。ただし、特別な事情がある場合、当事校同士の交換等により、開催年度を移動することが出来る。
  • 2008年 同志社女子大学,神戸山手短期大学(会場:同志社女子大学)
  • 2009年 国立音楽大学,東京芸術大学美術学部先端芸術表現学科(会場:国立音楽大学、東京芸術大学)
  • 2010年 昭和音楽大学(会場:昭和音楽大学)
  • 2011年 東京大学,首都大学東京(会場:東京大学、首都大学東京)
  • 2012年 東京電機大学(会場:東京電気大学)
  • 2013年 九州大学(会場:九州大学大橋キャンパス)